今なぜ、クラウドファンディングがこれほど注目されている!? その可能性とは?


Return Income Tax Deposit Term Accumulation Concept
 
マネーに興味がある方なら、「クラウドファンディング」という言葉を、一度は聞いたことがあることでしょう。
でも、その仕組みについては、「詳しくは知らない」という方も多いのではないでしょうか。

実は、クラウドファンディングにはいくつかの種類があります。そして、クラウドファンディングの仕組みがあれば、個人が持つ少額の資金を「大口化」し、魅力的な投資ができる可能性があるのです。
クラウドファンディングの基礎から、これまでの歴史、今後の可能性などを、シリーズでお届けします!
 

そもそも「クラウドファンディング」って?

 
クラウドファンディングとは、資金調達の方法のひとつ。別名「ソーシャルファンディング」と呼ばれます。
クラウドとは「crowd(群衆)」、ファンディングとは「funding(資金調達)」の意味。
ですから、クラウドファンディングを直訳すれば「群衆からお金を調達する」という意味に。つまり、「ある目的のために、不特定多数の人びとからお金を集める行為」、それがクラウドファンディングです。

先進的な研究やベンチャー事業、映画製作にチャレンジする人や企業が、インターネットを通じて資金提供を呼びかける……そんなクラウドファンディングのプロジェクトに、資金を投じて「参加したことがある」という方もいるかもしれません。

とはいえ、「不特定多数の人びとからお金を集め、必要とする人に提供する」というのは、いわば金融の原始的なビジネスモデルです。
ではなぜ、クラウドファンディングがこれほど注目されているのでしょうか。
 

鍵になるのは、そう「インターネット」

 
クラウドファンディングを特徴づけているのは、「インターネットを利用する」という点です。

誰もが情報を発信することができるのが、インターネットの利点。
面白いアイディアを持った個人が、プロジェクトを立ち上げ、広く世間に告知する……。ひと昔前では難しかったことが、インターネットの登場によって容易になりました。

インターネットを利用すれば、不特定多数の人びとに対して、資金の提供を呼びかけることができます。
従来なら、血縁や地縁などによるごく身近な人びとの間でしかやりとりできなかったお金の流れ。それが、インターネットによって一気に広がり、大勢の人びとを巻き込めるようになったのです。

インターネット上での呼びかけを見て、その趣旨に賛同した人は、資金を投じます。
「短時間で資金が集まる」点も、インターネットを利用したクラウドファンディングの大きな利点です。

リーマン・ショックなどの影響で、従来であれば金融機関が担っていた金融仲介機能が停滞したことも、クラウドファンディングが発展した理由のひとつといえます。
金融機関からお金を借りるかわりに、インターネット上で資金を調達する、運用する……そんな動きが起きているのです。

■お金が足りない人に、誰かが融通してあげる
■誰かを応援するために、お金を供出する

 
こうした、金融の本源的な機能を、インターネットを利用することで新しいカタチで実現したのがクラウドファンディングです。

高度に専門化された、現代の金融システム。それが、インターネットの登場によって、いわば「先祖返り」したのが、クラウドファンディングと言えるかもしれません。
 

キャッシュ至上主義の日本が変わる!?

 
日本の金融市場が、とても「保守的」だと言われるのはご存じのとおりです。
日本の銀行に預金をしても、金利は低く、資産はほとんど増えることがありません。
にもかかわらず、個人金融資産総額の半分以上が現金・預金で占められており、「世界一キャッシュを持つ」国民とも言われます。

日本人の「預金好き」には、次の2つの理由があると考えられます。

■投資には、大きな資金が必要である

不動産投資にせよ、海外投資にせよ、ある程度まとまった金額が必要です。
「そんな資金がない自分には、投資など縁がない」……そう考えてしまう人が多いのです。

■現金・預金は、自分の意思で自由に動かすことができる

金融機関が盛んに勧めてくる投資商品は、いわば金融機関任せ。
大切な資産を委ねたい、と思うようになるには、よほど深い動機や信頼関係が必要です。

この2つの「暗黙のルール」を覆す可能性があるのが、クラウドファンディングです。
 

1万札、たった一枚で参加できる気軽さ

 
たとえば、現在のあなたが投資できるのは「1万円」だとします。たった1万円で、世の中にインパクトを与えるのはなかなか難しいですよね。

でも、クラウドファンディングを活用して、他の大勢(クラウド)の投資家がそれぞれ投資した「1万円」を集めたとしたら?

あなたの1万円は、クラウドによって投資されたお金と合算されて大きな金額になります。
そのお金を、資金を必要としている事業などに活用してもらうことで、大きな利回りや、心理的な満足感を得られるかもしれません。

自分が共感できるプロジェクトに対して「主体的に投資する」ことができるのも、クラウドファンディングの魅力です。
金融機関による投資商品に比べると、自分の意思で決定できる部分が多いのです。
いかがでしょうか? これらの点をより多くの人にアピールできれば、日本のクラウドファンディングは飛躍的に発展するのではないでしょうか。
 
 

≪記事作成ライター:奥田有希子≫
生まれも育ちも東京のライター。教育や語学、キャリア、進学、サイエンス、生活の雑学、ライフスタイルなどをテーマに、雑誌や広報誌、ウェブなどの記事を手がけています。「マネセツ」では、主にスポーツと「お金」にクローズアップした記事を書いていきたいと思います。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です