ECB(欧州中央銀行)の緩和政策継続明確化へ

ECB(欧州中央銀行)が金融緩和政策の継続を明確化しました。

政策金利0.00%、預金金利-0.40%、貸出金利0.25%はそれぞれ据え置きを予想通り決定しました。そして量的緩和策である資産購入について変更があり注目されました。
現在の毎月800億ユーロの資産購入を来年3月末まで継続し、その後4月からは200億ユーロ減らし毎月600億ユーロの資産購入を12月末まで継続するとしました。
市場予想は、800億ユーロの資産購入を来年9月末まで継続するとのことでした。資産購入の延長期間が3ヶ月長かったこと、そして購入額が4月から200億ユーロ少なくなったことを金融市場は好意的に解釈したようです。
欧州株式市場、とりわけユーロ圏の中心取引所フランクフルト株式市場DAX指数+192.42の11,179.42まで急伸しました。
ドラギECB総裁は、テーパリング(購入縮小)は本日議論していないと、ことさら縮小論議はマイナーな問題だと強調しています。あくまでも金融緩和を強力に推進していく方針を市場に伝えたかったように思います。
ECBの預金金利の-0.40%でもECBは資産購入するとドラギ総裁は記者会見で発言しています。そして‥‥‥

memberbanner02