ロボアドバイザー。手軽さが広げた投資の預かり資産は、1000億円以上に!


クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

最新のロボット(AI)が投資のアドバイスをするサービス「ロボットアドバイザー」が、若年層を中心に人気が広がっています。

3月24日の日経新聞電子版によると、この一年で国内大手4社によるロボアドバイザーの運用残高は約4倍も増え、総残高は1220億円(2月末)に達したと報道されています。とはいえ、ロボアドバイザーによる取り引きについては、分かったようで分からない方も多いよう。そこで今回は「ロボアドバイザー」の概要をご紹介しましょう。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

資産配分から見直しまでを指南

投資を始めるときのセオリーは、数年前までは次の形態が一般的なものでした。
まずは、証券会社やファイナンシャルプランナーのアドバイスをもとに、ポートフォリオ(資産配分)を作成。その比率に沿って投資する株や債権を決めていく……。
しかし、ITによる金融のスピード化や、ローコスト化をうながすフィンテックの加速により、ネット証券などに自分の口座を開設し、自分で考えながら手軽に投資を行う人が急増。投資の間口は大きく広がりを見せはじめます。
一方、市場の値動きに振りまわされたり、利益を出すことに難しさを感じているユーザが増えているのも事実。こうした流れのなか、投資ビギナーの指南役として人気が高まっているのがロボットアドバイザーなのです。

ロボットアドバイザー = 通称「ロボアド」とは、ロボットとアドバイザーを掛け合わせた造語のことで、カンタンに言えば、これまで金融のプロに託していた難しい投資の判断をロボットに任せてしまおう……というもの。具体的には、証券会社などがフィンテック系の会社と(合同or提携)によって開発したアルゴリズムを使い、その投資家が株や債権などをどのような比率で持てば最善かを指南してくれたり、市場の動向に合わせた見直しをしてくれるようになったのです。

ロボアドが投げかける、質問の意図

前述したように ロボアドは統計学的な理論に基づき、買うべき金融商品の組み合わせを計算していきます。その場合、個人の資産状況、ライフプラン、年齢、リスクとリターンに対する考え方によって、どのような株や債権に投資するのか、その組み合わせや比率は当然変わってくることになります。
ロボアドは、年齢、年収、リスクに対する考え方、運用期間などパーソナルな質問をユーザに投げかけ、最適なポートフォリオを組むためのリスク許容度を診断していきます。当然ながら、ハイリターンを期待するならリスクを大きくとらなければなりませんが、仮に収益がマイナスに振れたときに生活に支障をきたしたり、精神的なダメージを被るようであれば、その人にとっては合っていないことになります。

自分のリスク許容度を見極めることはとても大事で、ロボアドの仕事は、ユーザごとのリスク許容度を診断し、最適な資産運用プランを見つけていくことになります。さらに現在、楽天証券などのネット証券をはじめ、野村證券、大和証券などの大手証券会社まで約20社が参入していますが、「Wealth Navi」のように米国上場ETFを対象に国際分散投資を行うものや、楽天証券の「楽ラップ」のように、おもに投資信託を対象に投資を行うものなど各社個性や特性が異なるので、それらの違いもしっかり見極めていく必要もあります。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

投資一任型は、リバランス機能も

ロボアドには「アドバイス型」と「投資一任型」の二つのタイプがあります。
「アドバイス型」は、文字どおり資産配分のアドバイスのみを行ってくれるもので、その先の売買は自分の判断に委ねられます。

一方の「投資一任型」は、買うべき金融商品の判断から運用まですべて行ってくれるサービス。具体的にはロボアドが提示したポートフォリオを了承・契約したら、自動でその金融商品を買い付けてくれます。

さらに、ある資産の価格が上がり、別の資産は下落するといった具合に相場が変動していくと、自動的にリバランス(資産配分の再調整)を行い、リスク水準を保つように努めてくれます。リバランスとは崩れてしまった投資配分計画を元に戻そうとする行為で、とくに長期運用では定期的なリバランスは大切になります。しかし、個人の判断が問われる資産の売り買いは運用管理の難しい部分であり、この点をロボアドが判断し自動で行ってくれることは、投資ビギナーにとって大きな魅力といえます。リバランスの頻度や方法については各社相違があり、どのような性格を持っているか見極める必要があるでしょう。

手数料やNISAへの対応は?

これまでご紹介したように、ロボアドは「放ったらかし」にしておいても勝手に運用してくれるもの。しかし、「いかに運用されているのか」をチェックするのは、あくまで自分自身であることは認識しておくべきでしょう。運用内容は、運用報告書にまとめられ通知されますので、信頼関係を構築していくうえでも投資を学ぶうえでも、自分のお金の動きを把握しておくべきです。

ちなみにアドバイス型は手数料無料(※一部有料もあり)ですが、投資一任型は年率1%前後の手数料がかかります。また気になるNISAについては、アドバイス型にも対応していますが、投資一任型は対応していません。
一見、メリットが多いと感じるロボアドですが、投資である以上、人間であれロボアドであれ、リスクがあることはしっかり認識しておくべきです。さらには、たとえば収益がマイナスに振れてしまった場合、ロボアドに一任していることに不安を感じずにいられるか……といった点も冷静に考えるべきでしょう。日本で始まってまだ日が浅いロボアド。楽観視すべきでない点や考慮すべき点が多いのも確かですが、果たしてみなさんはどのようにとらえるでしょうか?

≪記事作成ライター:ナカムラミユキ≫ 
石川県金沢市在住。広告制作会社にて、新聞広告を手がける。映画、舞台からメーカー、金融まで幅広い記事広告を担当。著名人インタビューや住宅関連、街歩きコラム、生活情報まで興味の赴くまま執筆しています。


クラウドバンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です