物価の文化史①──日本酒・ウイスキーの価格の変遷


クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

ものやサービスの値段は時代によって大きく変化します。さらに「高い」「安い」の基準になっている貨幣の価値も変化します。それは社会の経済・流通の変化や技術的な進歩、政治的な要因にも影響されることもあります。

すなわち、物価は“時代の鏡”なのです。このシリーズでは、ものやサービスの価格の変遷を、さまざまな分野でたどっていくことにします。

今年も残り10日あまりとなり、忘年会・新年会のシーズン真っ盛りです。
最近、若い人はアルコールを余りたしまなくなった……という話も聞きますが、100年前に日本人はどんなふうにお酒を飲んでいたのでしょうか。今回はおもに、近代以降の日本酒とウイスキーの価格の変遷を追ってみましょう。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

大正元年、上等酒一升の価格は1円(約1万円)

江戸時代中期以降、海運の発達によって物資の国内流通が大幅に発展した結果、兵庫・灘や京都・伏見の地酒を江戸の市中で飲むことができるようになりました。その当時、酒は樽から量り売りされるものだったため、庶民は5合徳利を下げて酒店に買いに行ったものです。

当時の単位は一石(180.38リットル)で、明治10(1877)年に一石9円8銭で売られたという記録が残っています。現代の貨幣価値で一升の値段に換算してみると、3000~4000円と考えていいでしょうか。ただし、これはいわば卸値ですから、市販時にはこの数倍であったでしょう。大正元(1912)年に上等酒一升の価格は1円でした。これも現代の貨幣価値に大ざっぱに換算してみると、約1万円ということになります。

日本酒が瓶詰めされて一升(1.8リットル)単位で売られるようになったのは昭和初期のこと。昭和10(1935)年の日本酒一升の値段は、上等酒で1円89銭、並等酒で1円でした。当時の小学校教員の初任給は50円ですから、やはり上等酒では3000~4000円程度だったと思われます。とはいえ、当時の給与水準、物価水準などを考慮に入れていない計算なので、「値頃感」ははっきりしないことを付記しておくことにします。
いずれにせよ都市の給与生活者にとっては、安いとは言えない価格であったと思われます。

日本酒の級別制度

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

明治4(1871)年には、すでに「清酒、濁酒、醤油醸造」に鑑札制度が敷かれ、収税の対象となっていましたが、昭和14(1939)年には「物価統制令」が出さるとともに酒類にも適用され、昭和18(1943)年には特級・一級・二級の区分が導入され税率が定められました。この級別制の導入は、税収の増加が目的でしたが、酒税は間接税の中でも重要な税源として位置づけられていきます。

戦後、昭和35(1960)年には統制価格が廃止され、昭和39(1964)年には、自由価格販売が始まります。この頃の特級酒一升の価格は940円、二級酒は485円。醸造法の変化などによって、大量生産が可能になったことも関係しています。

平成元(1989)年には級別制度が廃止され、「純米酒」「吟醸酒」「大吟醸酒」という区分に。これは白米の精製度が基準になっています。現在では、このほか「特撰」「上撰」「佳撰」という区分もありますが、現在の日本酒は、一般的価格が一升1000円から3000円前後といったところでしょう。もちろん、銘柄によっては一升1万円を超えるものあります。

日本酒の国内出荷量は、170万キロリットルをピークに年々減少し、1998年には113万キロリットル、2015年現在55万キロリットルとなり、この10年で大幅に減少しています。その要因は飲酒人口減少のほか、食生活の洋風化、アルコール飲料の多様化、健康志向の影響などが指摘されています。その一方で、海外への日本酒の輸出は増えているのですが、こちらは日本食の海外へのプロモーションなどの影響もあるのでしょう。

ウイスキーの価格

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

ウイスキーが本格的に国産化されたのは、大正13(1924)年のこと。

昭和4(1929)年に発売された「サントリー・白札」は640ミリリットル瓶一本で4円50銭でした。これは1万円を超えるような価格であったと考えられます。
戦後の昭和30(1955)年にも、国産2級ウイスキーの640ミリリットル瓶は340円という記録が残っています。この金額を現在の価値に置き換えるとおおよそ数千円と考えられますが、その後、大きく大衆化することで価格は下がり、市井の人々に飲まれるようになります。しかしながら、まだまだ高級嗜好品のイメージは残っており、この当時、海外旅行のお土産として、海外ブランドのスコッチウイスキーがもてはやされた時代であったため、年配の方であれば、海外旅行に行った際に重い瓶をお土産として持ち帰った経験がある人も多いことでしょう。

この後、円高の影響もあり、輸入酒の価格は大きく下がりましたが、1983年をピークにウイスキーの消費量は下がっています。これは焼酎ブームなど他の安いアルコール飲料の台頭が、その大きな要因ともなったようです。「ハイボールブーム」によって現在はやや回復しているものの、全般的には市場は縮小傾向にあります。

一気に加速した、ハイボールブーム熱

今回は日本酒、ウイスキーの価格の変遷を概観してきましたが、唐揚げとハイボールのコラボを謳った大々的なプロモーションの一環に位置づけられたCMが思いの外の効果を発揮したほか、ニッカウヰスキーの創業者を取り上げたNHKの朝の連ドラの影響も手伝ってニッカが飛ぶように売れ、ハイボールブーム熱が一気に加速。

さまざまな要因によってウイスキー需要が急速に高まり、現在では国産ウイスキーの原酒不足が起きていています。そのため、国産ウイスキーメーカーが世界5大ウイスキーの原酒をブレンドした“新型”のウイスキーを新たに提案したり、ウイスキーの“代酒”としてスコッチを使用したハイボールを提案したりするなど、ウイスキー取り巻く環境がここ数年大きく様変わりしていることは周知の通りです。

また、気軽に飲める安価なハイボールだけでなく、贅沢さを味わえる高級なハイボールにも人気が集まっていて、なかでも高級ウイスキーに位置づけられる「山崎」が、世界的な酒類品評会「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ」で金賞を受賞したことにより、その人気と需要が急加速。結果、日本を代表するシングルモルトウイスキー「山崎」は、ネット上で想像以上の高値がつけられて取り引きされ、酒類専門店に行っても、店頭で「山崎」に遭遇できる機会は滅多にない状態に陥っているようです。

──「山崎」はともかくとして、近年はとくにアルコール飲料全般に低価格品と高級品への分化が見られるようです。
あと数日したらクリスマス、そして、あっという間に年末年始がやってきます。2019年は令和という新しい時代が幕開けした記念すべき年となりましたが、みなさま飲み過ぎにはくれぐれも注意して、新しい年を、どうぞ“ほろ酔い”気分でお迎えください。

≪記事作成ライター:帰路游可比古[きろ・ゆかひこ]≫ 
福岡県生まれ。フリーランス編集者・ライター。専門は文字文化だが、現代美術や音楽にも関心が強い。30年ぶりにピアノの稽古を始めた。生きているうちにバッハの「シンフォニア」を弾けるようになりたい。


クラウドバンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です