小銭まで投資に! 投資を促すアプリでマネー運用が変わる!?



 

アプリによるデータや資産管理、または決済など、あらゆるものがスマホに集約されるなか、「投資」も決して例外ではありません。

ひと昔前では考えられなかった投資を促すアプリも登場し、フィンテック(金融+IT)を活用したサービスは加速しています。
こうしたなか、ユニークな投資の形態として注目されているのが、投資アプリ「マメタス」です。
今回は、スマホとコンピュータープログラムの融合により、少額から手軽に資産運用ができるマメタスを例に、投資の未来を探ります。

 

「おつり」を貯めて、アプリで運用

 

低金利時代を反映し、資産運用の手段として株などに注目する人は増えています。積極的に資産を運用し、お金を増やしていきたい ──。とはいえ、プロでも難しいのが投資の世界です。富裕層ならいざ知らず、リスクを考えると、高額な投資に二の足を踏む方も多いでしょう。

こうした投資の入り口に立つ人に、マネー運用の間口を広げてくれるのが、投資アプリです。なかでも話題の「マメタス」は、クレジットカードや電子マネーの「おつり」を貯めて、自動で投資していくというもの。アナログともいえる500円玉貯金をする人がいまも多いように、地道に無理なく貯めて行くコツコツ型スタイルは、日本人の性に合っているのかもしれませんし、日ごろの生活の質を落とさずに、少しずつ投資できたら、精神的な負担も軽くなるともいえます。

 

おつり設定で、運用額が変わる

 

では、その「おつり」の仕組みを紹介すると……。
まず、おつりの端数設定を100円、500円、1000円のなかから選びます。たとえばクレジットカードで350円の買い物をした場合、おつり端数が100円の場合は50円、500円の場合は150円、1000円の場合は650円がおつりとなります。
1回クレジットカード使うたびに、端数分のおつりが加算され、1カ月に1回、貯まったおつりの総額が投資口座に回り資産運用されます。

仮におつりの端数を100円に設定し、1日2〜3回クレジットカードや電子マネーを使用したとします。平均50円のおつりで計算すると、大体1年で4万円から5万円が投資に回ることに。ここでは少額の例で紹介しましたが、もちろん電子マネーなどの使用回数が増えれば、投資額は増えていきます。貯金ではないのでリスクはありますが、お金を少しずつ育てていくという感覚に近いのかもしれません。

 

コンピューターが運用先を決定

 

では、1カ月分たまったおつりは、どこに投資されるのでしょうか。

マメタスの大きな特徴は、ロボアドバイザー、つまりコンピューターが投資先を自動で判断していく、という点にあります。マメタスを運営する「WealthNavi」によると、自社開発のロボアドバイザーが、「世界の富裕層が利用する金融アルゴリズム」を、「完全に中立な立場」から、「国際分散投資」をすべて自動で行っていくとしています。

コンピューターに、自分の投資したお金をすべて委ねられるのか ──。

この点のメリットは、幅広い知識を持たなくても世界有数の大型株が1円単位で「勝手に」分散投資されていくと点や、気持ちに作用されずに投資できる点が大きいことになるでしょう。つまり、株価が上がれば買わなかったことを後悔し、下がれば売りたくなり、というようにその動向に一喜一憂することで、投資のタイミングを狂わせ運用を難しくしてしまいがちです。
もちろんロボットに任せたからといって、リスクが回避されるわけではありませんし、この点は事前にきちんと認識しておく必要があります。しかし、感情に惑わされずに分析・判断するロボアドバイザーに任せることは、いい意味で放っておくことができるわけで、中長期運用に向いているといえるでしょう。

 

続く、フィンテック革命

 

コンピュータープログラムが運用先を決め、アプリで投資をしていく……。まさしく、ITによって金融を動かしていく時代が幕開けしました。
これを金融とITを掛け合わせた造語で「フィンテック」と言い、リーマンショック以降、アメリカで広まっていくことに……。さらにスマートフォンの普及により、爆発的に広まった「フィンテック」は、既存の金融機関で投資することが敷居の高いものだった多くの人にとり、画期的なものとなっています。

画期的とされる理由に、フィンテックは金融業に分類されず銀行法にも縛られていないため、ITベンチャーなど多様な業種が参入している点があげられます。限られた内容のサービスに特化していますが、低コストなどのサービスを提供しているのも特徴です。

「手間をかけずに少額でも投資に回して、コスト面も抑えていきたい」という資産運用のあり方は、フィンテックの登場があって可能になったものです。年金や退職金など、将来手に入る金額が不透明ないま、こうしたフィンテック革命はさらに続いていくことでしょう。その動向に世界の注目が集まっています。

≪記事作成ライター:ナカムラミユキ≫ 
千葉出身。金沢在住。広告制作会社にて、新聞広告を手がける。映画、舞台からメーカー、金融まで幅広い記事広告を担当。著名人インタビューや住宅関連、街歩きコラム、生活情報まで興味の赴くまま執筆しています。


再生エネルギーならクラウドバンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です