歴史や価値とともに変化する「お値段」② ── カメラ


クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

ものやサービスの値段は時代によって変わり、「高い」「安い」の基準になっている貨幣価値も時代によって大きく変わります。

今回は、さまざまな分野のものやサービスの「おねだん」を比較して、その意味を考えてみることにします。
スマートフォン搭載のカメラで気軽に写真撮影ができ、共有も簡単な現在、画像はデータ保管のうえプリントすることも少ないため、「画像の保管はお金がかからない」という感覚になっています。そんな、この10〜20年でめまぐるしく進化した写真技術とカメラが、本格的に大衆化したのは戦後のこと。
── 前記事では、太平洋戦争直前に発売された「カラーフィルム」の変遷をたどりましたが、今回は「カメラ」です。

歴史や価値とともに変化する「お値段」① カラーフィルム
歴史や価値とともに変化する「お値段」③ 初鰹
歴史や価値とともに変化する「お値段」④ 古書
 

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

一説には9世紀に遡るカメラの歴史

 

そもそもカメラは、窓のない暗黒の部屋の壁面に小さな穴を空けると、反対側の壁面に外の景色が映し出される……という古くから認知されていた現象・原理を応用したもの。これをラテン語の「カメラ・オブスクラ(camera obscura)」=「暗い部屋」と呼び、日食などの観察、絵画の下絵を描く目的に使われました。その起源ははるか昔、一説には9世紀に遡るとも言われています。
その後、小穴の代わりにレンズが使われるようになり、1839年にはフランスのダゲールが初の実用的写真術「ダゲレオタイプ」を発表。「ダゲレオ」という言葉を耳にした方がある方は、おそらく黒沢清監督の映画『ダゲレオタイプの女』(2016年)によるものかもしれません。そしてその後、カメラは写真とともに発展していくことになります。

 

日本初の量産カメラは明治36(1903)年発売

 

日本でも幕末期からカメラが作られるようになっていきます。坂本龍馬のあの有名な写真が撮影されたのも幕末期ですね。そして、1903年にチェリー手提暗函(アマチュア用ボックスカメラ)が工業生産され、これが日本初の量産カメラ第一号に。現コニカミノルタの前身・小西本店で作られたもので、フィルムではなく、感光材料をガラス板に塗って写真を定着させる乾板カメラでした。
チェリー手提暗函のお値段は2円30〜50銭。ただしコーヒー1杯が3銭の時代ですから、現在の価格では2万~3万円くらいの感覚。とんでもなく高価でなかったこともあり、カメラはアマチュアにも広く普及しはじめます。

 

コンパクトカメラからデジタルカメラ、スマホ搭載カメラに

 

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ
 

その後、写真フィルムが一般化し、コンパクトで手軽に写真が撮影できるカメラが普及しはじめます。戦後初の国産カメラ千代田光学精工(株)製の「ミノルタ・セミP」は1953年の発売。当時のお値段で1万950円でしたので、現在の紙幣価値に変換すると10万円以上の感覚といったところでしょうか。
1960年代以降、露出やピント合わせが自動化され、構図を決めてシャッターを押すだけで写真が撮れる……そんなスタイルが当たり前の時代が幕開けします。さらに、カメラとレンズの一体化でよりコンパクトになり、1979年に発売されたオリンパス製のカプセルカメラXAの価格は3万2800円でした。

 

カメラのお値段の変遷=社会の変化

 

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ
 

前記事でも少し触れましたが、「使い捨てカメラ」の「写るンです」は1986年に発売されたもので、当時のお値段は500円ほど。ただし、これは現像所や街のプリントショップにネガを出さなければいけませんので現像代がかかりましたし、友人に焼き増しを頼まれて思わぬ出費を強いられた思い出を持つ方も多いことでしょう。そういえば当時、あちこちで見かけたプリントショップも今ではめっきり目にしなくなりました。

2000年ごろから、感光素子からの電気信号をデジタルデータ化して記録するデジタルカメラが普及しはじめます。初期のデジタルカメラCAMEDIA C-800Lは1996年の発売。この当時は「1万画素1万円」と言われていた時代で、81万画素 = 12万8000円と高価だったにもかかわらず大ヒット商品となります。

その後、携帯電話やスマートフォンに標準搭載されるようになり、現在ではスマホに搭載されるカメラの画素数は1000万画素を軽く上まわり、コンパクトデジカメを駆逐する勢いです。なかにはレンズを二つ装備したスマホもお目見えし、「インスタ映え」「自撮り棒」からもうかがえる通り「自撮り」の流行もスマホカメラ以降の現象となっています。

── 現代のカメラはスナップ写真や芸術写真などだけでなく、医療、犯罪防止、軍事分野で必須のテクノロジー。最近では高性能のカメラユニットを搭載したステルスドローンカメラも多用されていて、無音のドローンが遥か高空から、地上の建物の様子、人や物の動きを撮影・監視することが当たり前になっています。私たちがいま暮らしの中で何気なく使用しているテクノロジーは、その歴史をたどると軍事的必要性によって進化したものが多いといえますが、カメラのお値段の変遷からも、多様な社会変化が垣間見られます。

〈プロフィール〉
帰路游可比古[きろ・ゆかひこ]
福岡県生まれ。フリーランス編集者・ライター。専門は文字文化だが、現代美術や音楽にも関心が強い。30年ぶりにピアノの稽古を始めた。生きているうちにバッハの「シンフォニア」を弾けるようになりたい。


クラウドバンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です