12月1日スタートの「新4K・8K衛星放送」は、果たして普及するか?


クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

いよいよ今年(2018年)12月1日から、BS・CSチャンネルで「新4K・8K衛星放送(新4K・8K放送)」がスタートします。

なんといってもその魅力は、ハイクオリティな超高精細映像。まるでその場所にいるような「臨場感」や「実物感」、物体の奥行や素材などの「立体感」がリアルに体感できる点にあります。自宅でそんな映像体験ができるなんて、ちょっとワクワクしますよね!
ただ、新4K・8K放送を視聴するためには対応テレビやチューナー、アンテナなどの専用機器をそろえる必要があり、それなりの出費が必要になることは確か……。4K・8Kの特長を生かした魅力的な番組を、各放送局がどれだけ提供できるのかも普及のカギとなりそうです。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

ハイビジョンの「2K」をしのぐ高精細な映像が魅力

新4K放送は、12月にNHKと主要民放キー局、有料放送などの事業者が、BS・CSの計16チャンネルでスタート。8K放送は、NHKがBSで1チャンネルを開始します。4K放送に関しては、すでに「スカパー!4K」が2015年から有料サービスを展開していますが、新4K・8K放送は一部を除いて無料の実用放送となる点が注目ポイントです。

そして、4K・8K放送で最も気になるのが、地上デジタル放送をはるかにしのぐ高品質な映像。
ご存じのとおり、テレビの映像は「画素」という微粒子が光ることで動画を描き出し、画素数が多いほど解像度が高く、きめ細かい映像となります。現在主流の放送やハイビジョンは「2K」と呼ばれ、約200万画素(解像度・約1920×1080)。この2Kの画面がタテヨコ2つずつ並んだものが「4K」、2Kの画面がタテヨコ4つずつ並んだものが「8K」とイメージするとわかりやすいでしょう(図表参照)。

つまり、4Kの画素数(解像度)は2Kの約4倍、8Kは2Kの約16倍(4Kの約4倍)となり、より鮮明で立体感・臨場感のある映像が楽しめるというわけです。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

視聴に必要なテレビ機器とおおよその価格は?

ただし先述したように、従来のテレビ機器で新4K・8K放送を観ることはできません。視聴したければ新たに対応機器を購入する必要があり、アンテナや配線などの設備を替えなければいけない場合もあります。
では、実際にどのような機器や設備変更が必要なのか、おおよその価格とともに見てみましょう。

【新4K放送を視聴するには】
4K対応テレビに加え、外付けの専用のチューナー(2万~5万円程度)が必要です。テレビ本体だけで視聴できるチューナー内蔵4Kテレビは、東芝映像ソリューションから発売されており、価格は43型で13万円前後。また、NHK・民放キー局以外の新4K放送を観るには、アンテナ交換や屋内配線の変更なども必要となります。

【8K放送を視聴するには】
8K対応テレビと外付けの専用チューナーに加え、アンテナ交換や屋内配線の変更なども必要となります。8K対応テレビは、昨年末にシャープが70型を約100万円で発売。この秋には、8K対応のチューナー内蔵テレビ(60・70・80型)や、昨年発売した8K対応テレビ用の外付けチューナーなども発売される予定です。これから発売される各機器の価格は未定となっていますが、シャープではチューナー内蔵の60型で70万円以下、外付けチューナーは20万円以下を目指すとしています。

4K・8Kの特性を生かした番組編成に力を入れるNHK

高精細な4K・8Kはスポーツ中継やドラマ、自然番組などで強みを発揮するといわれており、とくに12月からの新放送に積極的なNHKは、4K・8Kの特性を生かした番組づくりに力を入れています。

まず、NHKのBS4Kチャンネル「NHK SHV 4K」では、「スーパーハイビジョンの入り口」として幅広いジャンルの番組を編成。放送は毎日6時から24時までの16時間で、地上波の自然番組やドラマなどを4Kで再放送するほか、週末にはオリジナルの特集番組も放送。生放送のニュース番組やスポーツ中継、大河ドラマも4Kで提供する予定です。

また、BS8Kチャンネル「NHK SHV 8K」は、8Kならではの「未知の映像体験」を掲げ、毎日10時から22時10分まで約12時間放送。舞台収録や美術番組のほか、日曜ゴールデンタイムには8Kクオリティの新作コンテンツを集中編成。2020年の東京五輪では、1日8時間の8K生放送を予定しているそうです。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

本気モードのNHKに対して、民放各局の出足はいまひとつ

一方、民放系のBS5局にも新たにBS4Kチャンネルが加わりますが、NHKと比べると全体的に出足は鈍いようです。以下、現時点での各局の対応状況を見てみると……

【BSフジ・BSジャパン】
平日夜の報道銀組を4Kで放送。それ以外の番組編成は未定。
【BS-TBS】
2020年までに新チャンネルの番組のうち2割を4K放送にする予定。残りの放送枠は2Kで対応。
【BS朝日】
4K放送の番組編成については未定。
【BS日テレ】
今年12月の参入を見送り、4K放送開始は各社より1年遅い2019年12月になる見込み。
……と、各局ともに様子見といったところ。

4Kは2Kより制作費がかさむうえ、スポンサーの動きもまだ見えないため、国からの予算や受信料収入のあるNHKのようにはいかないのでしょう。いずれの民放も8K放送へ参入する予定はなく、しばらくは4K・8KともにNHKの独断場となりそうです。

政府は2020年に4K普及率50%を見込んでいるが……

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

今回スタートする新4K・8K放送は、総務省が主導するロードマップによってスケジュールが組まれており、政府は2020年には総世帯の50%に4Kを普及させ、東京五輪を視聴できるようにしたいとしています。しかし、今年3月時点の4Kテレビ普及率は総世帯の約7%にとどまっており、あと1年ちょっとで半数の世帯にまで普及させるのは、至難の業といっても過言ではないでしょう。

もちろん、誰だって東京五輪を超高精細な4K・8K映像で観たいと思うはず。とはいえ、視聴に高価な機器が必要となれば、やはり背に腹はかえられません。この時点でとりあえず見送るか、あきらめる人が大多数と思われます。そこで大奮発して対応機器をそろえたとしても、東京五輪が終わったら観たい番組もナシ……となれば、高価な機器も宝の持ち腐れになってしまいますよね。

いずれにせよ、価格面のハードルがもっと下がれば、視聴を検討する人は確実に増えるでしょう。さらに、テレビ各局が競い合い、観る価値のある魅力的な番組を充実させることも、4K・8Kの普及や定着のカギとなることは間違いありません。本気モードのNHKに続いて、民放各局にもぜひ頑張ってほしいところです。

ということで、間もなく始まる新4K・8K衛星放送。東京五輪の開催が迫る中、お財布のヒモもゆるみがちな時期ですが……さて皆さんはどうしますか?

※参考/総務省HP、放送サービス高度化推進委員会HP、NHKHP、朝日新聞

≪記事作成ライター:菱沼真理奈≫
約20年にわたり、企業広告・商品広告のコピーや、女性誌・ビジネス誌などのライティングを手がけています。金融・教育・行政・ビジネス関連の堅い記事から、グルメ・カルチャー・ファッション関連の柔らかい記事まで、オールマイティな対応力が自慢です! 座右の銘は「ありがとうの心を大切に」。


クラウドバンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です