格安スマホで節約、月々の料金が半分以下になるって本当!?


電話

マイナス金利の影響もあり、出口の見えない超低金利時代。
資産運用について、多角的にアプローチすることが当たり前の今、節約という点からお金の増やし方について、考えてみました。

毎月決まった支払いのなかで、意外と大きな比重を占めるのが通信費。この家計に占める固定費を減らすことができれば、大きな節約になります。
そこで今回は、いま話題の格安スマホについてご紹介。人気の3社の情報とあわせてお伝えします。

 

大手キャリアの通信回線を借りるから、安い!

 

格安スマホとは、格安スマホ事業者がNTT、au、ソフトバンクの通信回線を借りて通信を提供するサービス。自分たちで通信回線や設備を持っているわけでないので、低料金でサービスを提供することができるのです。

格安スマホ事業者のことをMVNO(仮想移動体通信事業者/Mobile Virtual Network Operator)と言います。MVNOは数多くありますが、人気なのは、NTTコミュニケーションズ「OCNモバイルONE」、楽天「楽天モバイル」、ケイ・オプティコム「mineo」などがあります。

MVNOは、顧客に電話番号などが登録されたSIMカードを提供。それをスマホにセットすれば、通話もデータ通信もできるようになります。これまで使用していた電話番号は引き継げることや、ネットでの契約中心から実店舗で契約できる場合も増えたことから、乗り換える人が急増しています。

 

SIMフリーあるいはSIMロック解除できるスマホか確認を

 

格安スマホに乗り換える場合、先に述べたSIMカードを本体内部にさす必要がありますが、スマホによっては、SIMフリーのものと、SIMロックがかかっているスマホがあります。また、SIMロックされていても、ロックを解除できるスマホもあります。
SIMフリーやSIMロック解除できる場合は、新しいSIMカードをすぐにさせるので、端末をそのまま引き継ぐことができます。しかしそうでない場合は、新たに端末を購入しなければなりません。
格安スマホに変えると月々の支払いがぐんと減るため、新たに購入しても元が取れると考える人も多いようですし、2015年5月からSIMロック解除の義務化が開始されています。

注意点は、事業者ごとに借りている通信回線が違うため、SIMロックを解除できても、ドコモ回線系MVNOではau端末は使えない、という点。この点は購入前にきちんと確認することが必要です。

また、従来使用していたキャリアのメールアドレス(@docomo.ne.jp等)は使えなくなります。MVNOでも楽天モバイルやY! mobileなどはメールアドレスを提供していますが、なかには提供していないところもあります。この場合、「Gmail」や「icloud mail」といったフリーメールを使用することになりますので、使用後に不便が生じないか確認するようにしましょう。

 

それぞれ異なるサービスを展開するMVNO。人気3社を比較

 

●NTTコミュニケーションズ「OCNモバイルONE」

月単位で高速通信のデータ容量が決まっているサービスが多いなか、「OCNモバイルONE」は、日単位のプランも選べます。月単位の場合、データ容量を使いすぎると次の月になるまで低速通信でガマンしなければなりませんが、日単位なら仮に通信制限がかかったとしても次の日には解除されるので、月末まで不安なくデータや音声通信を楽しむことができます。
毎月1回、データ容量プランを変更することができるのも、うれしいサービスです。ライトユーザー向けの日単位で満足できなければ、データ容量の多い月単位のプランに変更することもできます。

●ケイ・オプティコム「mineo(マイネオ)」

mineoは、ドコモ回線を利用したプランと、au回線を利用したプランがあり、回線を選ぶことができます。これはマルチキャリア対応といわれるもので、業界でも数少ないサービス。電波がつながりやすいか、今まで使っていた端末が使えるかなど総合的に判断して、回線を選ぶことができます。
また、余ったパケット(データ量)をmineoユーザー同士でシェアできるサービスもあります。家族間では、パケットギフトでたくさんデータ通信する家族に余ったパケットをあげることも。うまく利用すれば経済的にオトクです。

●楽天「楽天モバイル」

格安スマホの場合、インターネット上で申し込み、届いたSIMカードを自分でさして、設定するケースが多いのですが、楽天モバイルの場合は全国に実店舗があるので、操作に自信のない方には心強いですね。
さらに、月額3.1GBの3.1パックがあり、通常3GBのところを0.1上乗せしている点がいかにも楽天らしいサービス。使いすぎて速度制限がかかる不安がある場合、この0.1が意外と重宝するかもしれません。
また、楽天ならではポイントサービスも充実しており、楽天市場ユーザーならうまくポイントを加算していくこともできます。

マネセツ142(中村)格安スマホで節約/図①

格安スマホの魅力は何と言っても月々の支払いがぐんと減ることです。筆者も格安スマホに換えて、月額使用料が今までの半分以下になりました。
今回紹介した以外にも、さまざまなMVNOがあるので、ぜひ自分に合った通信スタイルを見つけてみてはいかがでしょうか。

≪記事作成ライター:ナカムラミユキ≫ 
千葉出身。金沢在住。広告制作会社にて、新聞広告を手がける。映画、舞台からメーカー、金融まで幅広い記事広告を担当。著名人インタビューや住宅関連、街歩きコラム、生活情報まで興味の赴くまま執筆しています。


再生エネルギーならクラウドバンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です