鹿児島~ロンドンまで鉄旅も可能に!? ロシアが提示する「シベリア鉄道 北海道延伸」は実現するか?


マネセツ165(菱沼)シベリア鉄道延伸/メイン

昨年末(2016年12月15・16日)に行われた日ロ首脳会談。その席でロシアのプーチン大統領から「シベリア鉄道 北海道延伸」の要望案が提示され、鉄道ファンの間でも大きな話題となりました。

日本政府はこの提案を見送る姿勢を示しましたが、経済協力を仰ぐロシア側は日本の技術・支援に期待を寄せ、鉄道廃線の危機にある北海道の一部地元でも、延伸を望む声が上がっています。
実現すれば「鹿児島からロンドンまで列車旅行も可能」という、まさに壮大な夢の構想プロジェクト ―― 果たして将来、実現する可能性はあるのでしょうか?

 

巨大海底トンネルを建設、サハリン経由で大陸と日本をつなぐ!

 

ユーラシア大陸を横断するシベリア鉄道(全長9297km)は、日本海沿岸のウラジオストクとモスクワを7日間で結ぶ世界最長の路線です。
今回、ロシアが提示した延伸プランは、シベリア鉄道から分岐するバム鉄道(第2シベリア鉄道/全長4324km)を東へ延長し、大陸・サハリン間の間宮海峡と、サハリン・稚内間の宗谷海峡を巨大な海底トンネルで結ぶというもの。
これにより、シベリア鉄道がサハリン経由で北海道までダイレクトにつながり、最終的には欧州各国~日本全国(沖縄を除く)が陸路で結ばれることになります。

マネセツ165(菱沼)シベリア鉄道延伸/図1

 

経済協力で日本に大きな期待をかけるロシア

 

実は、サハリンと大陸を結ぶ構想は古くからあり、1950年にはスターリンの指示で海底トンネルの建設が始まったものの、1953年のスターリン死亡にともない建設が中止。プーチン大統領が就任した2000年以降、トンネル建設の計画が再び検討されましたが、人口50万人ほどのサハリンでは投資に見合う経済効果が見込めないことから、日本への延伸プランが浮上したというわけです。
近年、ロシアが経済危機に瀕する中、極東の物流拡大を狙うプーチン大統領は「日本とつながれば、シベリア鉄道は貨物でいっぱいになる」と強気の姿勢を見せ、日本からの技術提供や投資誘致に期待感を示しています。

 

北海道の鉄路存続・地域活性の追い風に

 

サハリンから日本への玄関口となる稚内の周辺地域や、経営難にあるJR北海道からも、鉄道延伸を歓迎する声が上がっています。地元地域の重要な観光・生活路線であるJR宗谷線(稚内~旭川)が、いま存続の危機に直面しているからです。
昨年秋、JR北海道は宗谷線の7割を占める名寄~稚内の区間を、JR単独では維持できないと発表。同区間の線路維持を自治体に任せる「上下分離方式」や、駅の廃止などを協議したいとの考えを示しました。
もし北海道延伸が実現すれば、日本に上陸したシベリア鉄道は、まず宗谷線を走ることになり、延伸に合わせ国主導で路線整備が進められます。となれば、地元地域の物流・観光の活性化とともに、経営に苦しむJR北海道を救う突破口になる可能性があるのです。

 

マネセツ165(菱沼)シベリア鉄道延伸/サブ写真

 

技術的には実現可能だが、コストパフォーマンスに難題が

 

では、北海道延伸の実現性はあるのでしょうか?
間宮海峡を横断するには最短で約7km、宗谷海峡は最短で約42kmの海底トンネルが必要となります。どちらも水深が比較的浅いため、青函トンネルの難工事を成功させた日本の技術力を考えれば、建設はそれほど難しくないとみられています。
しかし、この壮大な計画にかかるコストは、少なくとも1兆円規模になるという試算が出ています。トンネル建設の費用は1kmあたり約100億円といわれ、単純計算で宗谷海峡に海底トンネルを建設した場合の費用は約4200億円。さらに、インフラ面に不安を抱えるJR宗谷線の再整備などを加えると、最低でも1兆円を上回る費用が必要となるのです。

一方、延伸による経済効果は年間3000億円程度が見込まれていますが、あくまでも最大とする希望的な数字にすぎず、延伸計画は割に合わないとの見方も強まっています。
現在、ロシアから日本への物資輸入(LNG、原油、石炭など)には、大量・安価に運べる船舶輸送が主流で、船舶より割高な鉄道輸送の需要は、ほとんど見込めないのが実状。
さらに、日本とロシアではレールの幅が違うため(JR在来線は1067mm、ロシアは1520mm)相互乗り入れができず、貨物の積み替えや台車の交換が必要となります。手間もコストもかかる鉄道輸送は、どう考えても採算が合わないのです。

 

今後の日ロ関係の進展次第で夢物語も現実に?

 

こうしたリスク・ハードルを一つひとつクリアし、1兆円以上の費用をかけて延伸を実現することに意味があるのか……。事実、日本の政府サイドや経済界では「まるで夢物語」と北海道延伸を一蹴し、安全保障上の問題から計画に難色を示す声も多いようです。
その一方で、プーチン大統領が領土交渉の前提とする日ロ関係の友好に、このような協働プロジェクトが貢献するとの意見もあります。何よりも、鉄道で両国が物理的につながることは、ロシアから見れば信頼醸成の証になるのです。

── 日本側が一度は見送った夢の構想プロジェクトも、今後の日ロ関係の進展によっては、より現実味を帯びてくる可能性は残されています。鉄旅にロマンを託す筆者としては、ぜひとも実現してほしいと願っていますが……さて、皆さんはどう思われるでしょうか?

≪記事作成ライター:菱沼真理奈≫  
約20年にわたり、企業広告・商品広告のコピーや、女性誌・ビジネス誌などのライティングを手がけています。金融・教育・行政・ビジネス関連の堅い記事から、グルメ・カルチャー・ファッション関連の柔らかい記事まで、オールマイティな対応力が自慢です! 座右の銘は「ありがとうの心を大切に」。


再生エネルギーならクラウドバンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です