利上げが近い観測の英中央銀行


Brexit(英国のEU離脱)決定から1年以上が過ぎ、今年6月にはメイ首相が総選挙に打って出ましたが、与党保守党過半数割れとなり、政治が不安定ともささやかれています。
しかし、経済は堅調に推移していて、BOE(英中央銀行)は年内にも利上げに踏み切るのではとの観測が強まってきています。
そしてその観測の強まりと歩調を合わせて、ポンド高の相場となっています。順を追って解説して行きたいと思います。

英国の経済は堅調に推移しています。英国のGDP(国内総生産)第2四半期0.3%前期比、1.7%前年比となっています。第1四半期は0.2%前期比、2.0%前年比と、Brexitの心理的悪影響は出てきていないのではと推測されます。
実際にBrexitへの法整備などに2年の期間を要し、2019年3月にEUとの交渉期限が到来し、英国へのEU法適用が停止され、Brexitが開始されることになります。それまでは猶予期間と考えても良いのではないかと思います。
それまでに、EUとの関税率交渉をすることになります。また金融界ではEU単一免許のもとで、英国からEU向けの金融サービスが出来ていたのが、出来なくなります。日米など金融機関は欧州の大陸に拠点を新たに設ける作業を急いでいるようです。
投資環境が悪化することで、製造業でも英国離れが加速することも予想されます。しかし、当面は経済成長の大きな影響は及ぼさず、景気後退観測は薄れつつあると言えます。GDPの数字がそれを示しています。

具体的に中身を見てみましょう。下記グラフ(出所:ウォール・ストリート・ジャーナル紙)は、英国の製造業とサービス業のPMI(Purchasing Managers Index)を示しています。購買部担当者が現在の景気状態をどの様に見ているかの昨年8月からの統計です。Brexitが決定してからの推移を示しています。
特に製造業(Manufacturing PMI紫色)は直近8月:56.9と好調を維持しています。輸出依存体質が英国にも現れており、Brexit決定直後からのポンド安の流れが幸いしたのか、製造業の景況感は好調を維持しています。
しかし、今年4月頃からはポンド高で推移する傾向になり、今後の不安点と言えます。今後製造業で海外企業などが、英国から拠点を移す動きが出てくると、たちどころに景況感が悪化するという懸念が出てくると言えます。
サービス業(Services PMI 青色)については、53.2と去年の8月時点を比較するとほとんど変化がないと言えます。しかし、景気の分かれ目として意識される50を上回っています。どうしても、Brexitは心理的にはサービス部門の悪化懸念の方が大きく、全体的に見れば英国は良い景気状態を続けていると言えるのではないでしょうか。

それでは英国の物価水準はどのように推移しているのでしょうか見ましょう。下記グラフ(出所:ウォール・ストリート・ジャーナル紙)は2007年から現在に至る消費者物価指数を示しています。
これを見ると2015年にはゼロ近辺にあった消費者物価指数、つまりインフレ率が現在では2.9%まで上昇してきています。2016年6月Brexit決定時期からも、インフレ率は落ち込むことなく、上昇しています。これはユーロ圏の直近のインフレ率(1.5%)とは対照的です。景気好調に付随する産物であるインフレ率上昇が素直についてきているようです。
BOEのインフレ目標は2.0%なのですが、この数字を大幅に上回ってきています。グラフを見ると上昇トレンドを続けています。
この動きに対して、BOE金融政策メンバーの一部には、インフレ抑制の対処法として利上げをした方が良いのではとの意見が次第に出てきているようです。9月14日開催の金融政策委員会では、現在0.25%の政策金利の据え置きを決定しました。しかし議事録の中で、経済が引き続き成長し、インフレ圧力が上昇し続ければ、今後数ヶ月以内に利上げを実施する必要があると謳われていました。
先週末のカーニーBOE総裁は講演の中で、金利引き上げが今後数ヶ月以内(in the coming months)
に実施する必要があるとも述べています。メンバーの多数決で決する金融政策の現状は、政策金利据え置き:7名、利上げ賛成:2名となっていました。また、先週新たにハト派(据え置き派)と思われていたブリハ委員が、今後数ヶ月以内に利上げが必要になるとの発言をして、一気に利上げ気運が盛り上がり始めています。
現在据え置き派と見られているカーニー総裁、そしてブリハ委員が利上げ派に加わると、合計4名となり、利下げ賛成派と据え置き派が拮抗することになります。議事録を読むと、Brexitの影響について、EUとの構造的な調整を含めて、非常に少ないか、もしくはないとも言い切っています。BOEの見解では、現在では非常に影響は少ないと見ているのではと思います。

金融市場の動きを検証しましょう。筆者は常に金利の動きを最初に見るようにしています。長期金利のギルト債10年:1.30%と8月中旬の1.10%から上昇過程にあるようです。短期金利先物ショートスターリング12月限0.53%となっています。8月中旬0.35%近辺の動きでした。現在BOEの政策金利0.25%となっています。
短期金利先物の動きからは、12月までに0.25%利上げされる水準である0.50%になる可能性が織り込まれています。これを見ても、12月辺りまでに利上げされる可能性は非常に強いのではと思います。参考までにBOEの金融政策委員会は11月2日、12月14日に開催されるのですが、これらの開催時期を見越した市場の利上げ観測機運は盛り上がることとなります。

最後に為替の動きを見ましょう。下記はポンド/ドルの2015年3月からの動きを週足で示しています。対円よりも対ドルの動きの方が分かりやすいと思い、グラフで示しています。前段で説明した通り、BOEの利上げ観測が数ヶ月以内に迫っている観測が強まっています。その結果のポンド高の動きと言えます。
反対通貨であるドルの動きは、FRB(米連邦準備理事会)での年内利上げの観測が強く、共に利上げ観測が強いものの、BOEの利上げ観測が急速に強まった結果と言えます。
シカゴ先物市場のファンド筋のポジションを見ると、9月12日時点でポンド・ネット・ショート:46,085枚と、ポンド安方向を予想したポジションを構築していることが分かります。このことを見ると、シカゴ・ヘッジファンド筋は予想を間違ってしまったようであり、損切り取引がポンド高を加速していると言えます。
このポジションが解消されない限り、ポンド高が続くのではとの観測もあるようです。ポンド高の景気悪化を懸念する英金融当局者のポンド高牽制発言が飛び出してくることも予想されます。

今回のレポートでは、ミドルリスク・ミドルリターンのクラウドファンドとはちょっと角度の違った話をしました。英国の金利上昇の動き、ポンド高の動き、そしてBrexitの影響をこれまでの所受けていないという点を知っておくことは、投資全般の知識としては、心の片隅に置いておきたいところです。それはいつかきっと役に立つ知識になると確信しています。投資判断力をつけるということは、金融状況を総合的に判断できる力を養うということではないかと思います。

«記事作成ライター:水谷文雄»
国際金融市場に精通するInvestment Banker。
スイス銀行(現UBS銀行)にて20年余に亘り外国為替および金利・債券市場部門で活躍、
外銀を知り尽くす国際金融のプロフェショナル。新興の外国銀行(中国信託商業銀行 )の
東京支店開設準備に参画しディーリング・ルームの開設を手掛ける。
プライベートではスペインとの関わりを深く持つ文化人でもあり、
スペインと日本との文化・経済交流を夢見るロマンティスト。


再生エネルギーならクラウドバンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です