いま日本で加速する「キャッシュレス社会」の光と影《Part.1》


クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

いま日本で、現金を使わない「キャッシュレス化」が急速に進んでいる。

つい数年前までは、クレジットカードや電子マネーが使えない店も多かったが、いまや日常の買い物や支払いは、ほとんどキャッシュレスで済んでしまう。筆者自身、とりあえず財布に現金は入っているものの、ここ最近はまったく使った覚えがない。

ただ、海外と比べると日本のキャッシュレス化はまだまだ遅れており、近年のインバウンド増加や慢性的な人手不足などを受け、さらなるキャッシュレス決済の普及・拡大が急がれている。そこで今回は、国内のキャッシュレス決済の現状とともに、現金を使わない社会のメリット・デメリットについて考えてみたい。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

ここ数年でキャッシュレス決済の比率が倍増した日本

まずは、日本のキャッシュレス比率と決済額の推移を見てみよう。
経済産業省のデータによると、2008年からの8年間で民間消費支出に占めるキャッシュレス決済の比率は約2倍、決済額は約1.6倍に伸びている(グラフ参照)。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

ここ数年でキャッシュレス化が急速に進んだ理由としては、主に以下の3点が考えられる。
《1》 Amazonや楽天などのネットショッピングが一般化し、支払いにクレジットカードを使う人が増えたため。
《2》 クレジットカードや電子マネーに対応する店舗・サービスが増え、日常生活の中で気軽に利用できるシーンが広がったため。
《3》 スマートフォンやフィンテックサービスが普及し、モバイル決済を利用する人が増えたため。

【筆者のケース/消費支出の9割以上がキャッシュレス決済に】
ちなみに筆者の場合、日常的な消費支出に占めるキャッシュレス決済の比率は9割以上。普段の買い物や飲食店での支払い、電車・バス・タクシーの運賃や高速道路の通行料、自動販売機やコインパーキングの代金、携帯電話やネットの通信料、公共料金や保険料、新聞や雑誌の定期購読料、病院で支払う自分やペットの医療費……など、すべてクレジットカードか電子マネーで決済している。
カード類で支払えばお得なポイントが付くうえ、出先で所持金が足りずに焦ったり、いちいちATMに行って現金をおろす手間もナシ。さすがに冠婚葬祭では現金を出すが、それも将来どうなるかはわからない。

注文から会計まで電子化する飲食業界の最前線

とくに最近は、飲食業界でのキャッシュレス化・省力化が一気に加速している。人手不足や人件費の高騰が続く中、現金管理の業務を効率化するとともに、混雑時の注文・会計などの待ち時間を解消して来店客を増やす狙いがあるようだ。

たとえば、ファミリーレストランの「デニーズ」では今年(2018年)9月、スマートフォンでメニューのオーダーから支払いまでできる「デジタル注文決済サービス」を実験的にスタート。客はテーブル上のQRコードをスマートフォンで読み取り、デジタルメニューを表示して料理をオーダー。そのまま登録したクレジットカードや電子マネーで決済できるので、注文・会計業務の大幅な省力化が可能となる。現在のところ実験店舗は東京都新宿区の1店のみだが、デニーズでは2019年2月までに、同様のシステムを導入した店舗を約100店に拡大する予定という。

また、外食大手の「ロイヤルホールディングス」が2017年11月にオープンした「ギャザリングテーブルパントリー(東京都中央区)」は、日本でまだ珍しい「現金お断り」のカジュアルレストランだ。客は席のタブレット端末をタッチして注文、支払いにはクレジットカードか電子マネーしか使えない。この「完全キャッシュレス」の導入により、閉店後のレジ閉め業務(現金と売り上げ伝票の照合)の手間が大きく軽減し、従業員の労働時間短縮にもつながっているという。

ついに「電子お賽銭」を受け付ける神社も登場!

一見、キャッシュレスとは無縁と思われる場所でも、電子マネーの導入が始まっているようだ。
東京都港区の「愛宕神社」では2014年から、1月の仕事始めの日に電子マネー「楽天Edy」でのお賽銭(さいせん)を受け付けている。使い方は通常の電子マネーと同じ。拝殿前に置かれたテンキーで希望の額を入力し、リーダーにカードをかざせばOK。金額は1円単位で指定でき、完了すると小銭を投げ込む「シャリ~ン」という決済音が鳴る。

この電子お賽銭は楽天の実験的な取り組みだが、お賽銭の硬貨を管理する神社にもメリットは大きい。金融機関に大量の硬貨を持ち込むと、それ相当の手数料を取られるからだ。同神社では「参拝客からの浄財を目減りさせていいのか」という思いもあり、楽天の提案で導入に踏み切ったという。お賽銭をあげる音がデジタルチックな決済音というのは、ちょっと寂しいような気もするが(笑)……皆さんはどう感じるだろう。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

── 以上、国内で急速に進むキャッシュレス化について、筆者の実感や具体的な事例とともに見てきた。とはいえ、先述したように日本のキャッシュレス化は、国際的に見ると大きく遅れているのが現状だ。東京五輪などに向けたインバウンド需要の増加や、深刻な人手不足・人件費高騰に対応すべく、政府や各業界ではさらなるキャッシュレス決済の普及・拡大を急いでいるが……。その一方で、メリットばかりが強調されるキャッシュレス化については、意外なデメリットや懸念すべき点を指摘する声もあるようだ。
次回の《いま日本で加速する「キャッシュレス社会」の光と影 Part.2》では、海外のキャッシュレス事情や普及に向けた政府などの取り組みとともに、キャッシュレス社会がもたらす課題・デメリットについて考察する。

※参考/経済産業省HP、朝日新聞

≪記事作成ライター:菱沼真理奈≫
約20年にわたり、企業広告・商品広告のコピーや、女性誌・ビジネス誌などのライティングを手がけています。金融・教育・行政・ビジネス関連の堅い記事から、グルメ・カルチャー・ファッション関連の柔らかい記事まで、オールマイティな対応力が自慢です! 座右の銘は「ありがとうの心を大切に」。


クラウドバンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です