ネット時代の双方向通販「ライブコマース」が、ショッピングの主流に!?


クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

メディアを介して商品を購入する通信販売のスタイルが、新しい時代を迎えている。

そこでみなさんは「ライブコマース」という言葉をご存じだろうか。売り手が一方的に情報を流すだけでなく、買う側もネットを通じて、リアルタイムに質問や値段交渉ができる新しいEコマースの形だ。つまりライブコマースとは、インターネット時代ならではのインタラクティブ(双方向)通信販売になる。まだ認知度は日本国民全体の3割ほどとも言われているが、ネットショッピングの主流になる日も近そうだ。そこが今回は、ライブコマースの“いま”を探ってみた。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

横山剣のCD実演販売が、大きな話題に

2018年8月2日、メルカリのライブコマース「メルカリチャンネル」で、ユニークな実演販売が行われた。クレイジーケンバンドの横山剣が出演し、3年ぶりに発売するCDをライブで宣伝。
その中身を細かく説明すると、ネット上でその様子を見ていたユーザーから次々と質問やコメントが殺到。その場で続々と購入ボタンが押され、またたく間にCDが売れていった。この実演販売は、インターネット上で大きな反響を呼んだ。

ライブコマース……。まだ耳に新しく、なじみの薄い言葉だが、中身はいたってシンプルだ。

長年、私たちに身近な通信販売としてはテレビ通販があるが、これは一方的にテレビ側の売り手が商品を紹介し、購入希望者は電話などで注文してきた。これを、インターネットを通じたライブで、しかも売る側と買う側双方向で、内容確認などのやりとりしながら注文にこぎつけるというシステムだ。

言葉巧みな実演販売が、ついにネットの世界へ!

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ
思い出してほしい。
デパートの店内で、屋外の商店街通路で……と、様々な場所で実演販売が行われていた。巧みな言葉で調理器具を客の目の前で手際よく操って、「私の家でも使いたい!」と思わせる対面型の実演販売業の起源は、遙か平安時代にまで溯る。その後も江戸時代には「がまの油売り」、明治時代には「バナナのたたき売り」へと変化し、現在では24時間型のテレビショッピングチャンネルが登場していることはご存じの通りだ。

口上でモノを売る手法がいまインターネットの動画上で行われ、それこそ世界中に発信されているというわけだ。ひと昔前の実演販売なら10人ほど人が集まっていれば活況を呈していたが、ライブコマースでは店頭での実演販売の数十万倍の人が見守っていることになるだろう。

横山剣のような著名人がパフォーマンスすれば、ユーザの注目度が上がるのはもちろんだが、商品の内容さえインパクトがあれば、一般の主婦やサラリーマンでも参加することができる。ここがインターネット時代の通信販売のすごいとところだ。

売り手と買い手がネット上で丁々発止

では、なぜライブコマースが盛り上がっているのか。そのキーのひとつがメルカリの存在だ。

ここ1~2年で、メルカリでの商品売買が爆発的ヒットとなっているのはご存じの通り。しかし、メルカリにも限界がある。出品者が自由に写真をアップして値段設定できるところまではいいが、情報提供は売り手側の一方通行だ。

その壁を打ち破っているのが「メルカリチャンネル」になる。前述のように、このライブコマースなら値段や素材などの基本説明にとどまらず、動画内で演じることで、たとえば洋服なら肌触りまで紹介することができ、しかも、ユーザの聞きたいところをすぐに受け取って答えることができる。メルカリチャンネルは、第ニのメルカリとして急速に普及している。

ライブコマースが人気を集める理由とは?

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

【ライブ動画の普及】
最近はスマートフォンでの動画が普及して一般的になり、だれでも簡単に動画を観たり、撮影できるようになって動画配信の環境が整ってきている。

【ライブならではの臨場感が受けている】
従来のテレビ通販などと違って、売る側と買う側が双方で丁々発止やりあうのが、多くのユーザーに受けている。

【第三者の意見を参考にできる】
一般的な買い物は、売り手と買い手が1対1で対峙するものだが、ライブコマースでは、1人の売り手に対して、たくさんのユーザーが見ており、意見を言える。買おうかどうか迷っている人は、思っても見なかった質問に助けられることもできて、商品内容がより詳細に理解できる。

【有名人の思いがけない商品などに出合える】
ライブコマースが注目を集めている理由のひとつは、インフルエンサーと呼ばれる世の中に影響力のある人たちが、積極的に参加していることだ。タレントやモデルが、例えば自分が実際に着た洋服を、動画上でリアルタイムに売れば、ファンにとっては垂涎の的。実際に、俳優の山田孝之が画面に現れて「1日受付業務」をオークションにかけたところ、2700万円の高額落札となったケースもある。これらもライブコマースの一環で行われたイベントだ。

メルカリなど大手が、ライブコマースに続々参入

盛り上がっているライブコマース。ここではすぐに参加できる主要なアプリを紹介しよう。

1.メルカリチャンネル
メルカリのライブコマース版。アプリで展開されている商品は、洋服や雑貨など一般的なものから、タレントがライブで自ら筆をとるサインや出張パフォーマンスの購入権などまで、あらゆるジャンルにおよぶ。配信者も幅広く、タレント、モデル、主婦などの一般ユーザも多い。

2.SHOPROOM
タレントやアイドル、アーティストなどの動画ストリーミングが中心。過去には女優の北川慶子がドラマで着用した商品を動画でアップするなど、ネットでの反響は大きい。

3.Live Shop!
一般的な商品にとどまらず、タレントや著名人による「メイク術」や「ファッションコーディネート術」など、ノウハウ色の強い動画の配信が特徴。自社のスタジオで撮影されているため、動画のクオリティは高い。

4.BASEライブ
大手ネットショッピングサイトBASEが運営するライブコマース。BASEに出品しているメーカーやショップが直接出演して商品を紹介。それこそ店頭での実演販売が演じられる。タレントやインフルエンサーに限らず、多くの無名な人々同士が売買を行っている。

以上は代表的なライブコマースの例だが、2018年になって続々新しいアプリが誕生しており、その勢いは増すばかりだ。

── 一方で、どうしても出演者のセレクトが一部のタレントなどインフルエンサーに集中してしまい、似たようなテイストになっているアプリが多いとか、あるいは、なにしろライブ動画なので、写真だけで商品を出品する手軽さに欠けるという問題点もある。
まだまだ始まったばかりの新コマースなので、これからどう成長していくのか見もの。あなたもぜひ一度、ライブコマースをのぞいてみてほしい。

≪記事作成ライター:小松一彦≫
東京在住。長年出版社で雑誌、書籍の編集・原稿執筆を手掛け、昨春退職。現在はフリーとして、さまざまなジャンルの出版プロでユースを手掛けている。


クラウドバンク

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です